塾講師という仕事でも年収数千万プレーヤーになれます

教育の仕事に就くといったら、まずは学校の先生を思い浮かびます。
しかし「今でしょ」で一躍有名になった林先生のように進学塾の講師でも立派な教育者なのです。
林先生クラスの人気講師になると年収数千万円クラスです。
塾講師といったら学校の先生になれなかった落ちこぼれの方がなるイメージがあったのですが、東大進学を目指す生徒を指導するには東大卒の実績が必要なのです。
では塾の講師として働くには何が必要なのかというと、学校の先生のように教員免許は必要ありません。
学力と分かりやすく伝える話力が必要なのです。
もちろん有名大学を卒業している場合は就職に有利なのですが、普通の進学塾レベルの講師に必要なものは、結局は本人の適性や資質、その後の努力次第なのです。
林先生のように初めから超有名な進学塾の講師になれることは稀なので、まずは地元の進学塾の講師から始め徐々にレベルアップしていけばよいのです。
初任給は20~25万円、年収で350万円ほどがスタートと言われているので、その後の努力次第でキャリアアップしていけば、年収数千万円の人気講師となるのも夢ではないのです。