仕事における部下への教育について

仕事を円滑に進める事において、上司は部下に教育を行う義務があります。
教育にはティーチングという手法があり、上司自ら「正しい手順やルール」の見本を示して物事を教えたり、命令によって本人が行い、その結果を上司がチェックをし、正しく出来たら褒めてあげ、問題があれば再度教えます。
これは、作業を行う上で初期段階に比較的多く使われています。
ティーチングの効果性においては、初期のトレーニングに最適な事、効率的であり一貫性がある事です。
ティーチングを行う上でのステップとしてまずは「仕事を覚えたい」という意欲を持たせる事です。
これは相手の知識や技能の程度に合わせて、重要性とその位置付けを明示し興味を起こさせる環境と雰囲気を作る事です。
次に、「説明しながら自ら作業等をみせ、やってみせる」ことです。
ポイントとして相手の理解度に合わせて理由やコツ等を少しずつ区切り容量を教えます。
次に実際に一人でやらせてから確かめます。
出来た事は褒め、出来なかったことは完全に出来るまで何度もやらせます。
完全に出来る様になれば実務を一人で担当させます。
しかし、一人で任せっきりでは無く、度々チェックを行い、結果に対してフォローを行う事が必要です。
フォローを行う事によって、部下は物事に対して自信を持つようになり、より一層実務に励むようになります。
この様な事から、教育の要点を掴む事によって円滑に仕事を進める事が出来るのです。